ステージ101がインターネットに出会った頃

ステージ101の復活コンサートが2003年10月21日、22日に渋谷のbunkamura、シアターコクーンで上演されました。今回の復活劇は一般社会の中で生まれた、というより本当にインターネット社会の中から生まれていったと言ってもいい復活ドラマだったと思います。その上演にご尽力された方々のご努力には本当に感謝いたします。私も上演サポーター登録していましたが、結局「見に行っただけ・・」で何もお役には立てませんでした。ただこの五人と一ぴきサイトの常連の方もいろいろと役割を負って貢献されたり、結構多くの101ファンの方がこのサイトを見ておられるらしいことがご投稿からわかりましたので、私なりに出来る盛り上げ策を考えまして五人と一ぴきサイトにお集まりいただいた方の中で101ファン特別限定でわたくしなりの思いをこめたミニレポートをお届けすることにしました。題して「ステージ101がインターネットに出会った頃byごんべです。なおレポート中では私が個人的に記録保存してある他の方のHPページ・掲示板などの引用・紹介をさせていただきます。支障ありましたらごんべまでご連絡ください。


1.はじめに

1970年1月10日にNHKで放映が開始されたステージ101は、ちょうど「五人と一ぴき」が放映されていたのとほぼ同じ時代にやはり多くの少年少女の人気を集めたNHKの音楽番組でした。この番組の詳細な放映記録等は今ですとHISHOさん(容子さん)のHPの中の私も(ほんのごく一部ですが)作成協力した各資料ページでご覧いただけるのでここでは割愛します。101ファンだった私は特に1998年秋ごろから1999年秋にかけてこの番組の復活を願ってインターネット上での活動メンバーの常連の数名の一人として力を注いでCD・ビデオ化復活活動等をサポートしていましたので、最近2〜3年はほとんどタッチしていないものの今回の復活コンサートはやはり感慨深いものがありました。ただ昔本当にごく少数(数名と言ってもいい)お仲間が元101主演者の方含めて本当にたった1個のサイトに皆集まって「一枚岩」となって活動を盛り上げようとしていた頃に比べると、今はインターネット上でのそういった活動も多サイトにわたり、閉鎖されてしまったサイトもあり、当時に比べると活動がやや拡散してしまった印象があります。どういう意味かは、98年、99年ごろの掲示板の雰囲気を後でお見せしますので何となくわかる方にはわかっていただけるかと思います。

2.私の好きな101の時代

私は101ファンの中では典型的な”初期派ファン”(→70年1月10日初回放映分スチール写真)です。下の写真の頃の1970年放映当初から71年前半ごろまでのいわゆるヤング101のオリジナル世代のファンです。だからテーマソング「ヤッポン」といえばやっぱり元祖八大さんバージョン・アレンジでないと駄目ですし、「涙をこえて」は全員での合唱バージョンも好きですが、やはり一番下の写真のシング・アウトのでなければ放映開始の頃の101の「涙をこえて」を聞いた気がしないし、「恋人中心世界」は絶対小林啓子さんのお声でかつSPバージョンでなくあの復活コンサートで番組ご出演時の調子を再現してくれたゆっくりとしたテンポでないとだめ、「人生すばらしきドラマ」はもう黒沢さんのSPバージョンでなく全員バックに従えたライブバージョンでないとだめ、当時一番気になっていた101メンバーはシング・アウトにいたアメリカ人女性のケリーさん(下の写真の金髪の女性)という101ファンの中でもかなりマニアックな嗜好でした(笑)







3.インターネット上でのステージ101

さてそろそろこのミニレポートの本題に入ります。インターネット上でいつ頃から「ステージ101」の復活願望が盛んに語られるようになったのでしょうか?実のところ私も良くはわかりません(笑)、ただ私がインターネットをやりはじめた1998年ごろ既に現在のWAKAさん(101リーダーの若子内悦郎さん)のHP藤島新さんのHPがあり、それを発見してファンとして時々覗いてたまに書き込みなどしてみていました。(たぶんピエールさんの101ファンサイトもこの年の前半にはあったかと記憶しています。)、私は当時から(そして今も)少年ドラマ系サイトも好きでしたので、そこの掲示板で時々ステージ101の話題も大いに楽しんでいました。その頃の「ろっちさん」のサイトの掲示板ページが保存してあるので下に貼っておきます。

-->1998年10月18日の「ろっちさんの懐かしの掲示板」改装オープンの時の保存ページより

でもこのころまではあまりまだ101ファンが1サイトに集まって熱くその復活願望を語りあったり昔の記録を熱心に調べるなんて動きはそれほど活発でなく散発的でした。しかし98年10月29日にある衝撃的な事件が起こりました。それはそのろっちさんの掲示板にあの101の超有名ファンサイト「Fool’s mam’s paradise (後にFool’s paradiseに改名)」の管理人のmarionetさん(女将さん)が101ファンサイトの立ち上げ(10月25日)を宣伝にこられ、そのサイトに沢山の101メンバーの方についてのかなり詳細なその後の消息が書かれていたからです。

-->1998年10月29日投稿含むの「ろっちさんの懐かしの掲示板」の保存ページ

-->101メンバーの詳細な消息が書かれていたページ(立ち上げ当時の状態の保存)

私は早速立ち上げられたばかりのmariionetさんのサイトを初訪問して書き込みしましたが、確か後に10万アクセスを超える超有名サイトになったこのサイトもまだその時は本当に誕生直後でアクセスカウンターが38番とかで掲示板の書き込みは2番目ぐらいではなかったかと思います。その頃ちょうどWAKAさんや元101メンバーの方々が赤坂か六本木でオリジナルメンバーの同窓会を開いておられて普段あまり昔の101の話題が出てこないWAKAさんの掲示板も101メンバーの話題で盛り上がっていたので、もう少しですが書き込みもしていて投稿に慣れていた私は早速WAKAさんの掲示板に「こんなすごい101ファンサイトが出来たからぜひご訪問を!」とURL紹介して呼びかけてみたところ、WAKAさんはじめそのサイトにお集まりだった101の常連ファンの方々が次々とmarionetさんのサイトを訪れられて一気に「101ファンの輪が」ネット上で大きく結ばれて、そこから本格的に昔の記録や101メンバーの消息探しの動きがネット上で始まりました。最初はmarionetさんが謎の人物として男性か女性かもわからず皆色々想像しあってましたが下記をご覧いただいてわかるように、当時は本当にその立ち上がったばかりのサイトで普通の101ファンと元出演者の方々が25年もの時の経過を経て初めてネット上で感激の出会いをし、とても初々しくもハツラツとした雰囲気に満ちていましたね、私はやはりこの98年10月がステージ101復活へのインターネット上での様々な応援活動の実質的な意味での原点だったと思います。

-->98年10月30日 marionetさん(女将さん)サイトのオープン直後の掲示板の様子

さてそれからは皆、といっても最初の半年間は本当に数名しか集まらなかったといってもいい状態ですが、皆さんで手分けして競うようにいろいろと101の当時の資料やレコード探しやメンバーの現在の活躍状況を調べたりして少しづつ、少しづつでしたがあのmarionetさんの資料ページを充実させていったんですね。私も仕事が忙しく時々”長欠”しながらも書けるときは何ヶ月もほぼ毎日書き込みしていたので最初の1年間の投稿数の多さ合計では常連では間違いなくベスト5以内には入っていたでしょうね、WAKAさんはじめ清須さんや元メンバーの方々もいろいろと本当に70年代初期の101放映時の貴重なエピソードや本当の?暴露話を時々熱心に丁寧に書き込んで下さって・・・この頃が一番ファンや元メンバーの方が「一枚岩」となって101復活への熱い思いを語りあっていた頃だと思いますし、その”場”を提供され維持され続けたmarionetさんの功績は大変大きいものだったと思います。下記保存ページを見ていただくとその頃の雰囲気がおわかりいただけるかと思います。

-->98年12月30日頃のmarionetさん(女将さん)サイトの掲示板の様子

-->99年3月27日頃のmarionetさん(女将さん)サイトの掲示板の様子
   (但しWAKAさんの暴露話部分だけはまずいかも(笑)しれないのでお名前を○○で置き換えました。)

この頃、99年3月30日(WAKAさんのお誕生日)に昨年日経新聞でもmarionetさんのサイトと並んで101ファン有名サイトとして紹介された常連のHISHOさん(容子さん)の「The BARON-WAKA & HIRO TORIBUTE」サイトが立ち上がりました。私も一時はかなり熱心に資料調査・捜索活動に協力したりしていたのでHISHOさんがいろいろなページの下の調査協力者欄に名前を残してくれています(-->参考例ページ 容子さんありがとうございます。今となっては101ファンサイトに残る私の唯一の足跡です。)いろいろな資料調査やってましたね。marionetさんや容子さんやreikotさんとは見つけた資料やカセットなどを郵便で送りあったりもしてました。

-->99年4月3日頃のmarionetさん(女将さん)サイトの掲示板の様子

-->99年4月25日頃のmarionetさん(女将さん)サイトの掲示板の様子

またこの頃はWAKAさんの101関係の調査依頼も個人的にお引き受けして我が家のFAXにWAKAさんご秘蔵の資料を送っていただき、その調査結果を返すなど(この件の最終結果はいまだ未解決で時々たま〜にWAKAさんとメールのやりとりしてますが:笑)とにかく私が特に熱心に101のネット上でのファン活動をしていた頃です。

-->99年6月27日頃のmarionetさん(女将さん)サイトの掲示板の様子

また現存する掲示板付きの本格的な101ファンサイト「Nostalgia」の管理人マグノリアさんはホームページを立ち上げられたのは一昨年ぐらいかなとは思いますが、既に99年初頭頃からかな?活発にmarionetさんのサイトではもう活動されておられました。

-->99年7月27日頃のmarionetさん(女将さん)サイトの掲示板の様子


あとそうですねぇ・・・とにかく和気藹々と皆様と冗談ばっかりいいながら楽しく交信させていただいていた雰囲気が伝わるのを2〜3個貼っておきます。(この頃は保存作業がめんどうで単純紙印刷したのが残っていますからそれを写真でピックアップします。)

-->掲示板やりとり1
-->掲示板やりとり2
-->掲示板やりとり3
-->掲示板やりとり4

4.少年ドラマサイトとステージ101

さて2000年に入ったあたりからにわかに私の今の本業?の少年ドラマサイトの世界が動きはじめました。そうです、あの名作「タイム・トラベラー」のビデオが発見されたとの衝撃のニュースがひろがり、そのDVD化へのうわさや期待が熱く語られるようになってきました。marionetさんのサイトでの活動も2年経過し、大体の思い出話や記憶話も出尽くしてやや皆マンネリ?(笑)状態でもあったので私は次第にネット上の活動の主軸を少年ドラマ系へ移していきました。確かmarionetさんもこの頃かもう少し後か大ファンの樋口康雄(ピコ)さんの意見交換用の別ページか別BBSかをサイト内に設けられていかれたかなとも(不確かな記憶ですが)覚えています。101のCD化やビデオ化がなかなか進展がない中で98年立ち上げ当時の活動の熱気はもう大分落ち着いていたと思います。そして約1年後2001年3月、「タイム・トラベラー」の復刻DVDがついに発売。私はその頃にはDVD発売元のアミューズピクチャーズ社営業部からも正式に依頼されて同社の少年ドラマDVD宣伝のトップページメニューの中にファンの一人して「DVD復活記念試写会」のレポートをリンク掲載するまではまってました。(-->ビデオご提供者のちねさんにもご紹介いただいたレポート。)

しかしその興奮がようやく落ち着いてきたころから101サイトのやや沈滞ムードの様子が再び気になってきていました。少年ドラマの方はDVDで復活し始めたけど、同じように当時の良質番組であるステージ101についてはCD化もDVD化もましてや復活コンサートなんて動きも全然なく、少年ドラマ界の動きに比べてとてももどかしく感じられたのでmarionetさん(女将さん)とメールなどでも相談して、同じ年代層で今DVD発売で盛り上がって多くの人が見ている少年ドラマ系サイトでも101サイトへの客引きをやってみようということになり「少年ドラマ伝説」サイトなどや中学生日記サイトなどで私がmarionetさんのサイトの宣伝やCD化運動の参加を呼びかけはじめました。

-->2001年3月30日の「少年ドラマ伝説」の掲示板ログ参照

その後も何度か呼びかけたのでこのあたりでmarionetさんのサイトへ流れこまれた少年ドラマサイトファンも多かったのではないかと思います。marionetさんのサイトの後期にBBSやオフ会などで常連となられた縁側猫さんもmarionetさんのサイトのゲストブックで下記のように書いてくれています。


>縁側猫 - 01/04/18 02:41:47
>電子メールアドレス:nekomattari@
>年齢: 若年寄り‥?
>性別: 雌猫(三毛)
>地域: 東京生まれ、あちこち育ち、今は湘南。
>あなたの好きな音楽のジャンルは?: 60年代後半〜70年代前半の洋楽,昔のR&B,
>懐かしの邦楽等。このホームページをどこで知りましたか?:年ドラHPよりごんべさんに客引きされて??
>感想・ご意見など: うるうる‥‥(;_;)

>コメント:
>記帳があとになってしまってすいません! 今や、年ドラよりこっちの方がはまりそうです??
>(元来、音楽好きなので‥) たぶん、「同年齢」の人は少ないと思いますが、きっとその方が
>馴染めると思います‥(音楽の好みの点で)若輩者?ですが、よろしくお願い致します。。

そしてその頃から私にはインターネット上でもうひとつ大きな仕事が出てきました。それが中条さんと二人で頑張ったこの「五人と一ぴき」のサイトの構想・立案です。結局その後サイト開設までに1年半かかりましたが(笑)ここまで書けばお気づきの方もおられるかと思いますが、2002年9月のこのサイト立ち上げ時に書いたサイト編集後記ページの最後の方に書いた「〜その頃たまたまある大手出版社の編集部のKさんにちょっと人から頼まれてある音楽番組関連の企画相談で電話でお話する機会がありました。Kさんとはその音楽番組関連の会話しかしたことなかったのですが〜」とはステージ101のことです。

さて2001年後半に入って2001年10月13日にはついにmarionetさんのご努力が実って101の復活CD化第一弾が実現。

-->2001年10月18日の「少年ドラマ伝説」の掲示板ログ参照

そこから2002年春にかけて次々とそして今も続編のCDが発売され、復活コンサートも2002年夏には「NHK思い出のメロディー」へのヤング101の出演となっていってその後の先日の復活コンサートにつながったわけですね。

もう私も最近は自分の編集するこの「五人と一ぴきGO GO GO!」サイトの書き込みすら忙しくて手が回らない状況で、101関係サイトの方はず〜とご無沙汰していますが、先般9月にあのmarionetさんの「Fool’s paradise」サイトが閉鎖されたことに伴い、あのサイトが101復活へ果たされたその功績が砂に埋もれるように消えていくのは、初期のころ一緒に一生懸命頑張った私としても耐え難い寂しさを感じますので、ここで私なりに見てきたことや覚えていることをきちんと歴史としてまとめておきたいと思ったまでです。ショービジネスの世界のことは良くわかりませんが、あの98年10月ごろにあのサイトへ集まった人たちの思いは「あのいい番組をもう一度見たい!」という純粋な気持ちのみでファンも元メンバーの方も集まっていたし、その精神は今もそこからそれぞれ活動を広げていかれた方たちの中に生きていると信じています、そして私もその気持ちを持ち続けてこのサイトを維持して行きたいと思っております。長文を読んでいただきどうもありがとうございました。文中に他サイトのコンテンツを多々無断引用・リンクしていることを深くお詫び申し上げます。以上にてレポートを終わります。

5.おまけ

なお私は昔キリ番ゲットが好きでしたので、101ファンの下記の3大101女性サイト?のアクセスカウンター500番をそれぞれゲットしています。(今はどれも万単位のアクセスですが)merionetさんのサイトのそのときのトップ画像を見つけましたので参考までにご覧下さい。

-marionetさんの「Fool’s mam’s paradise 」サイト
 (500番の時のトップ画面、 3000番の時のトップ画面
   (7777番の時のトップ画面 Fool’s paradiseに改名した頃
-HISHOさん(容子さん)の「The BARON-WAKA & HIRO TORIBUTE」サイト
-マグノリアさんの「Nostalgia」サイト

最後に
>marionetさんへ、
marionetさん、長い間の101サイトの運用・維持本当にご苦労さまでした。この春に一度掲示板を閉鎖されたときにメールにて約束していた「五人と一ぴき」サイトでの特別企画コーナーでの「ステージ101」取り上げ企画をようやくこういう形で果たしました。しばらく休憩されたらあのサイトを再開されることを期待して・・いつまでもお待ちします。


   marionetさんの「Fool’s Paradise」の再開を信じて・・・・・・ごんべ 
(2003年10月25日記)


Copyright (C) 2002 chu & gonbe All RightsReserved